「民泊」ねっと

airbnb、民泊、ゲストハウスを始めたい方へ  ~ 民泊専門の行政書士が民泊の始め方と関連ニュースをブログ形式でお届けします~

ネットで専門家が民泊物件を簡易診断!「民泊チェック」で事前に許可をアドバイス。

   

goutei

民泊を始めるにあたって心配なのは


その物件で合法的に民泊が運営できるか?

といったことだと思います。

そこで「司法書士・行政書士事務書 ローライト湘南」では物件情報を頂いて、簡易宿所営業許可、特区民泊の認定について簡易診断「民泊チェック」を行っています。

 

「民泊チェック」とは?

「民泊チェック」とは物件の住所やチラシなどをインターネットで送ってもらうことによって、

  • 営業許可が取得できるか?
  • 特区民泊の認定が受けられるか?
  • 必要な設備
  • 担当役所への確認事項

を簡易に診断し、アドバイスを行うものです。


テレビやメディア、上場企業、法人、個人のお客様から民泊物件相談を年間250件以上いただている民泊専門の司法書士・行政書士事務所が診断いたします。

 

「民泊チェック」のメリット

1.物件取得前に許可取得可能性について判断できる

民泊を営業できない物件を分からずに取得されてしまうお客様が非常に多いです。

営業できるかどうかは、旅館業法、建築基準法、消防法、不動産、地域の条例の専門知識が必要で、不動産業者ではほとんど判断できません。

何千万も出して物件を買ったが営業ができなかった

なんて例をいくつも見てきました。

事前に民泊の専門家に相談することで間違った物件を取得してしまうのを防ぐことができます。

 

2.インターネットで簡単に診断

物件の住所と間取りが記載された物件チラシの画像やPDFデータなどを専用のフォームから送ることで全国どの物件でも診断を受けることができます。

 

form1

 

診断結果はメールでご回答差し上げます。

 

料金のお支払いは銀行振込だけでなくクレジットカードにも対応。
VISA、MasterCard、AMERICAN EXPRESSがご利用いただけます。
credit_card

 

3.面倒な法令調査を代行

民泊を始める場合には旅館業法だけでなく、各地域の条例が深くかかわってきます。

旅館業法施行条例、旅館業法施行規則、旅館業法施行細則だけでなく、まちづくり条例や建築安全条例、特別用途地区の指定など細部にわたって専門家が調査。

専門知識がなくても分かりやすく解説いたします。

 

4.民泊に必要な設備についてもアドバイス

民泊を合法的に行うためにその物件で必要と思われる設備についてご説明します。

必要となる設備を知ることで民泊を始めるための予算をたてることができます。

必要設備の例:

  • 自動火災報知設備
  • 消火器
  • 誘導灯
  • 共同の男女別トイレ 各階1つ増設
  • 共同洗面所 1つ増設
  • シャワー 1つ増設
  • 下駄箱 1つ
  • フロント 1.8m以上の長さのもの

 

5.5000円で2物件まで調査可能

複数の物件で迷っている時でも2物件まで5000円(税抜)で調査が可能です。

物件探しで迷っている時にも便利なサービスです。

 

6.原則3営業日以内のスピード診断

簡易診断は料金お支払い確認後原則3営業日以内に回答いたします。

すぐに民泊を始められるか知りたいといたご要望にお応えいたします。

 

「民泊チェック」の注意点

簡易診断であるため許可が取れない等の理由で運営できない物件は判明します 許可取得を保証するものではありません。

民泊施設が運営できるかは物件の現地確認と各役所との協議が必要です。

別途、簡易宿所営業許可申請、特区民泊申請(国家戦略特別区域外国人滞在施設経営事業申請)をお申込み下さい。

 

「民泊チェック」お申込みフォーム

 



ご希望の営業形態(複数選択可)
簡易宿所営業許可特区民泊(外国人滞在施設経営事業)


シェアボタン






 - 民泊に必要な許可