「民泊」ねっと

airbnb、民泊、ゲストハウスを始めたい方へ  ~ 民泊専門の行政書士が民泊の始め方と関連ニュースをブログ形式でお届けします~

Airbnbの手伝いを簡単に依頼できる「補助ホスト」機能がリリース

   

Airbnbでは新機能としてメッセージやチェックインといったゲスト対応を信頼きる人に任せる「補助ホスト」という機能が近日リリース予定です。

今まではAirbnbのリスティングを知り合いや業者に手伝ってもらう時にはIDとパスワードを知らせて行うしかありませんでしたが、「補助ホスト」の機能を使えば信頼できる家族や友人にもゲスト対応だけ業務を分担してもらえます。

今回の機能でホストの負担は軽減されAirbnbでの運営がさらに便利になりそうです。

 

Airbnbの「補助ホスト」でできること

hozyo

補助ホストには収益の一部支払うことで以下のような業務を手伝ってもらえます。

  • 部屋の掲載
  • 料金とカレンダーの最適化
  • 予約対応、質問への回答、おすすめスポットの紹介
  • チェックイン立会
  • 清掃業者の手配
  • アメニティの補充

民泊代行業者が行っていた作業をAirbnbでの経験豊富なスーパーホストと呼ばれる人に頼むことができます。

近くの住所から選べますので地元の観光スポット対応やお店紹介などは代行業者よりもきめ細やかな対応をしてくれるでしょうね。

 

補助ホストは代行業者の費用よりも安い

費用は補助ホストとの話合いで決定します。通常は10%~20%ですが、貸し出す部屋の規模と必要な役割によって上下します。一般的な代行業者が売上の20%の手数料ですから、費用的にもリーズナブルですね。

支払いについてはAirbnb側で宿泊料をホストと補助ホストに振り分けてくれるのでお金のやり取りでもめる心配もありません。

全国的に展開する代行業者よりも地域に特化したスーパーホストに頼む方がコストがかからないのは当然ですね。近くの優れたホストに仕事を頼めるというのは効率的でいいシステムですね。

 

補助ホストの使い方

補助ホストを探すのは以下のページにアクセスして住所を入力し「ホストを探す」のボタンをクリックします。

https://www.airbnb.jp/host/experienced_hosts/about

地域のホストで頼みたい人がいれば連絡を取って、仕事の内容を伝えて見積もりをもらいます。

補助ホストを選ぶとホストが補助ホストのリスティングに追加されます。このリスティングのゲストから予約が入った時は補助ホストに対応してもらえます。

 

まとめ

Airbnbでも次々に便利な機能が登場してきていますね。メール対応などは意外とホストの負担になるので補助ホストに頼むのもいいですね。

逆にスーパーホストの方は新たな収入源になっていくと思います。

法的な面では少し問題もありそうですがきちんとしたシステムと制度が整えば便利なシステムですね。

シェアボタン






 - Airbnb関連