「民泊」ねっと

airbnb、民泊、ゲストハウスを始めたい方へ  ~ 民泊専門の行政書士が民泊の始め方と関連ニュースをブログ形式でお届けします~

ゲストハウスと宿泊者同士をつなぐ便利なアプリ「Comundu」

   

Comundu

ゲストハウスがホテルや旅館の施設ともっとも違うところといえば、宿泊者同士の交流があるところでしょう。

そんな宿泊者同士の交流をサポートしてくれるアプリがデンマークでリリースされた「Comundu」というアプリです。

現在ゲストハウスの宿泊者同士の交流はその場に居合わせたもの同士でオフラインで行うのが普通です。

スマートフォンとゲストハウスのWifi環境で「Comundu」を使って一体どのようなことができるのか紹介したいと思います。

 

Comunduでできること

Comunduはデンマークの首都コペンハーゲンで2015年4月にリリースされた新しいアプリで、ゲストハウスと宿泊客とをつなぐオンラインプラットフォームです。

ゲストハウスとその宿泊客のみがアクセスできるオンライン空間に、宿泊利用についての案内や、おすすめの観光スポット、地元のイベントなどを投稿し、そこに宿泊客が自由に閲覧・書き込みができるオンライン掲示版としての機能を有しています。

例えば、宿泊客がゲストハウスに付いてcomunduにアクセスすると、現在その宿に泊まっている人数、本日のイベント、地元の祭りなどの情報が提供されます。

一人でイベントに参加するのが不安な時は、あらかじめその掲示版に「誰かイベントに一緒に待ち合わせをしていきませんか?」と他の宿泊客に向けて投稿をすると、他の宿泊客から「一緒に行きましょう」とコメントが付きます。その後、コメントしてくれた人達と待ち合わせをして一緒にイベントに参加するといったことが可能になります。

ゲストハウス側も宿泊者各組に一人ずつイベントの説明をする必要がなく、リアルタイムで本日のイベント情報を発信できるので、今日考えたイベントを今日実行することも可能になります。

オフラインだけでなく、オンライン上でもゲストハウスを介してコミュニケーションの促進がはかれるので、ますますゲストハウスに行くのが楽しくなるアプリですね。

 

Comunduはまだ始まったばかり

現在comunduはヨーロッパを中心に普及が始まったところです。おそらく日本のゲストハウスで登録している所はほとんどないと思います。同様のシステムを日本語版アプリとして開発してリリースしてみるのも面白いと思います。

これからは、ゲストハウスもオフラインによるコミュニケーションだけでなく、オンラインのコミュニケーションツールを使って差別化をはかっていくのもいいかもしれませんね。

シェアボタン






 - 民泊アプリ