「民泊」ねっと

airbnb、民泊、ゲストハウスを始めたい方へ  ~ 民泊専門の行政書士が民泊の始め方と関連ニュースをブログ形式でお届けします~

Airbnb 宿泊費の設定に悩んだら - スマートプライシング-

      2016/04/08

Airbnbの宿泊費の設定はどう決める?

宿泊料を決めるのに頭を悩ませているホストも多いのではないでしょうか。

一般的には周辺の物件の価格調査をして、はじめは他の物件よりも安い価格で、その後稼働率が上がってレビューがついて来たら価格変更をおこなっていますね。

しかし、調査→価格の変更を行うのは意外な手間がかかるものです。
そんなホストの方にAirbnbはスマートプライシングという機能を提供しています。

 

スマートプライシングとは?

price-tips
スマートプライシングとは物件の料金を自動的に設定してくれるシステムです。

設定したい金額の最低額と最高額、受け入れたい宿泊客の数の3つを設定するだけで、Airbnbが物件のある場所の需要など様々なデータをもとにアルゴリズムによって売り上げが最大となるように宿泊料金を決定します。

アルゴリズムはAirbnbの過去の宿泊実績や直近の予約動向などをもとに一日単位で宿泊需要や価格を予測します。
需要が高い日は高い価格に需要の低い日は安い価格にといったことが自動的に行われます。

 

スマートプライシングの使い方

スマートプライシングをONにする

1.「リスティング&カレンダーを管理」のページへ
2.「スマートプライシングを試す」をクリック
3.請求したい1泊あたりの「最低料金」を設定
4.請求したい1泊あたりの「最高料金」を設定
5.泊めたい頻度の設定

  1. できるだけ頻繁
  2. ときどき
  3. ほんの時たま

6.スマートプライシングを「ONにする」をクリック

基本料金を設定するには

1.「リスティング&カレンダーを管理」
のページへ
2.ページの右上にある「料金設定」をクリック
3.「基本料金」をクリック
4.「1泊料金」を入力し、通貨を選択します。

 

スマートプライシングはどれほど有効か?

スマートプライシングの自動価格決定で次のような変化が確認されています。

  1. 泊めたい頻度を「できるだけ頻繁」にしたところ問い合わせが増えた
  2. 値段設定が下がったが、長期滞在客の問い合わせが増えた
  3. 管理コストが下がり結果的に利益につながっている。

必ずしも価格の自動決定で収益が増えるわけではないようですが、便利な機能なので使ってみてはいかがでしょうか。

シェアボタン






 - Airbnb関連