「民泊」ねっと

airbnb、民泊、ゲストハウスを始めたい方へ  ~ 民泊専門の行政書士が民泊の始め方と関連ニュースをブログ形式でお届けします~

絶対おすすめ!囲炉裏のある小さなお宿「鎌倉ゲストハウス」レポート

      2016/08/18

20160702_191615

 

仕事でゲストハウス開設に関わることが多いのですが、ちょうど土曜日に友人に誘われて鎌倉で人気の「鎌倉ゲストハウス」に泊まってきたので宿泊レポートを書きたいと思います。

 

「鎌倉ゲストハウス」とは

20160702_191648

「鎌倉ゲストハウス」は鎌倉市の常盤にある民家を改築したゲストハウスです。
もととなった民家は宮大工が家族のために釘を使わずに造った木造家屋で大きな囲炉裏が備え付けてあります。

大仏前からバスで10分ほど藤沢方面へ行った梶原口のバス停の近くにあります。

最近ではオズマガジンで特集をされ、「pomponケーキ」、「Imagination coffee」といった人気店舗ができた梶原・常盤エリアにあります。

男女別ドミトリーで宿泊料金は一泊3000円、14:00からチェックインができて鎌倉観光を楽しめます。

「鎌倉ゲストハウス」ではレンタルサイクルも行っています。

観光シーズンには、鎌倉周辺は渋滞がひどいです。とても車で移動できる状況ではなくなります。2~4両の江ノ電でしか行けない観光スポットが多く、駅への入場規制がかかってしまい電車に乗るまで1時間かかることもあります。必然的に地元の人はバイクか自転車での移動が多くなります。

鎌倉のことをよく知っている宿だからこそできるサービスですね。

 

事前予約をしてから行きましょう

外国人観光客が当日宿を探しに来ていましたが予約は満員の状態でした。

「鎌倉ゲストハウス」は鎌倉の中でもトップクラスの人気の宿泊施設で当日では予約を取れない場合が多いでしょう。

男性10名、女性10名の予約の枠が決まっていてその枠以上の予約は受け付けていません。他のゲストハウスであれば定員以上に泊めてくれる所もあるのですが「鎌倉ゲストハウス」ではそういったことはしていません。よく利用する方もいつも満員だといっていたので、やはり事前に予約をしておく必要がありますね。

 

素敵なスタッフと快適な空間

チェックイン時にはスタッフから丁寧に施設の説明をしてもらえるので初めてゲストハウスに泊まる方でも安心して利用することができます。

スタッフは入れ替わりがあるのですが女性4人で行っていました。みなさん動きがよく英語もOKなので外国人観光客の利用も多いです。

囲炉裏のある落ち着いた共用スペース

20160703_060746

1階には共用スペースがあり、持ち込みによる飲食も可能です。近くにドラッグストア、24時間スーパー、コンビニもあるのでそちらでお酒を買って来てみんなで飲むといったことができます。

共用スペースは広く宿泊者全員が使っても問題なく利用できます。

他の宿泊者と話したい人はこちらで夜遅くまで話していました。旅慣れた方が多く話も面白いので私も消灯時間まで会話を楽しんでいました。

PCが設置されていて自由に利用が可能です。部屋の中には携帯の充電設備もありました。

自炊が可能なキッチンを完備

20160703_061128

ゲストハウス内にキッチンがあり、そこには色々な調理器具が準備してあります。

自分で料理をしたい宿泊者はここで料理をして食事をとることもできます。実際、宿泊者が料理をして他の宿泊者にふるまったりすることもあるようです。こうした光景はゲストハウスならではですね。

キッチンには共用の冷蔵庫が置いてあり宿泊者は利用することができます。ただし他の宿泊者のものとごっちゃになってしまう恐れがあるので中に物を入れる時には自分の名前を書いてくださいと言われました。

天井が高く広いスペースのドミトリー

20160702_200102

ドミトリーとは相部屋を前提とした部屋で寝る部屋のことを指します。

「鎌倉ゲストハウス」のドミトリーは男女別で、1階が男性用、2階が女性用になっています。

通常は2段ベッドが多いのですが、写真のように畳の部屋に布団を敷いて寝る形式です。ベッドメイクと片付けは宿泊者側で行います。といっても、シーツと枕カバーをセットするだけですが。

布団と布団の間にはしっかりとスペースが取られており、寝る時に隣の人が気になるようなことはありません。天井が高いため部屋に開放感があります。とても快適でした。

宿泊施設の儲けを考えるならば2段ベッドの方がいいのでしょうが、宿泊者視点では古い民家で布団を敷いてリラックスして眠れるという体験を提供してくれているのはうれしいものです。

宿泊者に対してこういった細かい配慮をしているところが人気の理由なのでしょうね。

 

旅館業許可取得にも参考になるゲストハウス

仕事柄ゲストハウスを見る時はどうしても構造・設備・運営状況について注目してしまいます。

「鎌倉ゲストハウス」は簡易宿所営業の許可を取得して営業しています。

玄関を改造したフロントの設置方法、縁側を利用した新たなトイレの設置、スタッフ常駐の運営方法など色々工夫がなされていました。

民家を改造して旅館業許可を取得するのは難しいと考えている方にぜひ参考にして頂きたいですね。

オーナーのお話しを伺ったところ用途変更の確認申請が必要なケースだったので許可取得に際しリフォームなどで費用は少しかかったようです。

ただその金額で民家を宿泊施設にできるならばやってみようと思う方も多いレベルの金額でした。

今では予約が満員の人気ゲストハウスですから許可取得の費用はそれほど気になるところではないでしょう。

 

まとめ

「鎌倉ゲストハウス」ではゲストハウス初心者でもリラックスした空間で様々な人との交流を楽しむことができました。

鎌倉でホテルや旅館では味わえない新しい体験をしたい方は一度泊まってみることを強くお勧めします。

シェアボタン






 - ゲストハウス