「民泊」ねっと

airbnb、民泊、ゲストハウスを始めたい方へ  ~ 民泊専門の行政書士が民泊の始め方と関連ニュースをブログ形式でお届けします~

熊本地震のAirbnbの緊急災害支援についてお知らせします。

      2017/01/11

昨日の熊本地震に関してAirbnbでは緊急災害支援を行っています。

被災者の方に無料でお部屋を貸し出すホストの方を応援しています。

2016年から4月14日~4月20日からの期間内にチェックインした被災者の方には全サービス料を免除で支援を行っています。

これを見たAirbnbご利用のホストの方も是非ご協力ください。

 

Airbnb緊急災害支援の利用方法

disaster

URL: https://www.airbnb.jp/disaster-response

上記のリンクを押すとAirbnbの災害対策支援のページに飛べます。

リンク先に熊本地震についての緊急災害支援のページがあるのでクリックしてください。

kumamoto

リンクで飛ぶと下のような画面になります。
泊まる場所がなくて困っている方は、「泊まる場所を探しています。」をクリックしてください。

緊急

宿泊先を提供して頂ける方は「私の部屋を無料で提供できます。」をクリクして下さい。
アカウントがない方はAirbnbへの登録画面になるので記事を参考に登録してください。

参考記事: 誰でも簡単にできる!airbnbへの登録の仕方

反復継続せず、宿泊料を受けずにする行為に対しては、旅館業法の適用はありません。違法行為とはならないので安心してください。

 

Airbnb緊急災害支援の仕組み

Airbnbは被災地のホストに自動メールを送って、援助が可能かどうかを打診します。

既存ホストと空き部屋のある現地住民は、サイトを通して被災者にお部屋を無料で貸し出すことができます。

被災地では、Airbnbの全予約が手数料無料に。
手数料免除になってもホストは全員、Airbnbの24時間365日のカスタマーサポート、信頼&安全ツール、ホスト保証を通常どおり受けることができます。

ネットワークを通して、緊急支援活動の情報をAirbnb全メンバーに配信します。

 

すでに多くの方に無料で宿泊先を提供頂いています。

ほんとに頭の下がることなんですが、すでに多くのホストの方に無料で宿泊先を提供頂いています。

ほんとに日本の方は素晴らしいですね。

diafree

災害時には、みんなで助け合いの精神がいいですね。。

私も小さな力しかありませんが、自分のできる限りのことは努力しようと思います。

シェアボタン






 - 民泊ニュース